カナダ留学でクレジットカードの重要性に気付いた理由

バンクーバー・語学研修・2007年7月~8月

埼玉県・40歳・Pさんの留学体験記

 

私は、少し前になるのですが、
30代のときにカナダに留学をしました。

海外留学する目的は、
英語をもっと話せるようになりたかったからです。

私は、英語を読むのは得意ですが、
聞いたり話したりするのが、あまり得意ではありません。

そのため、できるだけ海外の雰囲気のなかで、
語学の力を磨きたいと思いました。

期間は1か月と短めでしたが、
はじめての留学であることもあり、
短期のプログラムを選びました。

私は、自分の出身大学のエクステンションセンターを
通じて、留学プログラムに申し込みました。

1か月とはいえ、学費に加えて教材費、
滞在費(ホームステイ)関係の費用があるので、
1か月といえども想像以上に高額でした。

語学研修をうけたのは、
カナダのブリティッシュコロンビア大学のなかにある
語学研修センターです。

ブリティッシュコロンビア大学の一部ではありますが、
短期留学の人のためのセンターなので、

大学のキャンパスの隅っこにあり、
現地の大学生との交流はあまりありませんでした。

そこは、少し残念でした。

留学中に住んでいたところは、
大学からバスで30分ほどのところにある一般家庭です。

大学の周囲にある家庭は、空いている部屋を、
留学生のホームステイ用に貸し出しているところが多いそうです。

そのため、とくに年配のカナダ人にとって、
ホームステイは貴重な収入源として定着していました。

ホームステイは、現地の言葉に触れる機会が多くなり、
短い期間で英語力を磨くために、とてもいい制度だと思います。

とはいっても、ホームステイ先により、
当たり・はずれがあることも事実です。

部屋を貸すだけで交流が希薄な家庭や、
雰囲気のよくない家庭もあります。

私は、韓国の高校生の女の子と2人で滞在しましたが、
年配の女性の感じが悪く、
居心地がいいとは決して言えませんでした。

こればかりは、実際に行ってみないと分からないので、
家庭の雰囲気に左右されたくない場合は、
留学先の寮を希望したほうがいいと思います。

海外で滞在する場合、やはりクレジットカードは
作っていった方がいいと思います。

私は、はじめて海外旅行に行ったとき、
クレジットカードを作りました。

そのため、カナダに留学した際も、
そのカードを使いました。

カナダは、アメリカと同じく、
カード支払いが浸透しており、ほとんどの人が
小さな買い物にもカードを利用していました。

私は、小さい買い物は現金でしましたが、
1か月分のすべての生活費を持ち歩くのは
危ないので、一定金額以上はカードで済ませました。

今はトラベラーズチェックよりも
便利なプリペイドカードがあり、

こうしたチャージ式のカードを
上手く活用するのがいいんじゃないでしょうか。

種類もいろいろ出ているようなので
海外プリペイドカードの比較サイト
見て検討してみてはどうでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です